Mr.ブラボーの幸せになるこころの法則

Mr.ブラボーはこころの幸せについて、いつも考えています。お金や物も大切ですが、Mr.ブラボーは「こころの幸せ」が真の幸せだと考えています。このブログは宗教とは関係ありません。ブログの更新は、毎週水曜日の予定です。 この処方箋がみなさんの心の健康にお役に立てば幸いです。初めてこのブログをお読み下さる方は最初にこちらをお読み下さい。

その他

損得を考えることについて

 日常生活で私たちはいろいろな選択をして過ごしています。
普通の人たちにおいて、その選択の基準となるのは「損得」だと思います。何か他人にあげるならば「損」、他人から貰(もら)うならば「得」です。
日本の社会においては、何か品物を貰ったならば、お返しをするという習慣があります。これで損得無しになり、調和が保たれます。
 私が思うには、何か事を成す為には、損得勘定抜きで行動しなければ、事が進まない事が多々あると思います。損得勘定をしていては、損得の狭い範囲から抜け出せません。もちろん、自分の労力(労働力)を無償で差し出せば、それは「損」になります。
 学校で生徒会活動をしている学生たちがいます。私たちの時代には、生徒会活動は、自分たちの学校の政治は自分たちで行うという、責任感においてやっていたような気がします。今では、生徒会活動をやっていると、進学に有利になるからという理由でやっている人もいます。なんだか悲しいですね。
 商売を自営でやっている人たちの中には、もちろんお金儲けは大切ですが、それよりもお客さんに喜んでもらうことが自分の喜びになる人たちがいます。これはもう、損得勘定抜きの世界です。
 人には世の中のため、他人の役に立ちたいという願望があります。これは仏教の言葉では「仏性(ぶっしょう)」と言います。もともと人に備わっている感情です。
「仏性を満足させる」と言えば、安っぽく聞こえますが、損得勘定の狭い範囲から抜け出して、より高い次元を目指すことも大切なのではないでしょうか。

それでは、また

Mtfuji-50

あえて言わない優しさについて

 私がまだ若かった頃、ある女性に「『言わない優しさ』というものもあるのよ」と教えられたことがあります。
 その頃の私は、思ったことを何でも言ってしまい、相手に対する気遣いができていなかったように思います。気づいていても気づいていないふりをする、そんな優しさもあると思います。
 一度、言わなくて良いことを言ってしまい、大失敗をしてしまったことがあります。
20代の頃、友人の奥さんにお会いしたとき、その奥さんに「太られました?」ととんでもなく失礼なことを言ってしまいました。その後、その場の雰囲気が悪くなってしまい、居心地の悪い時を過ごしました。後になって知りましたが「太った」と相手に言うのは、女性同士でもタブーだそうです。
 基本的に私は、思ったことは何でも正直に言ってしまいます。でも、それを言うことによって相手を傷つけてしまうような事は、言わない方がお互いのためですよね。
 世の中には、相手を傷つけないように、嘘(うそ)をつく人がいます。私は嘘をついてまで、相手のことを傷つけないようにはしません。そういうときは、嘘はつかずに黙っています。
 世の中の人は、ずいぶん嘘をつきますよね。私の性格からして、私は嘘をつくのが苦手だし、嘘が嫌いなので、嘘はつかないようにしています。嘘をつくためには、頭を働かせなければなりません。私が嘘をつかないのは、頭を働かせるのが面倒だからという理由もあります。でも、嘘をつかなければ、他人から信用されます。
 言いたいことを言わないのは、もどかしい事もありますが、「あえて言わない優しさ」というのもあるんですね。

それでは、また。

C815Jv4AMacw57g5SOJAZR5A_500

平常心を保つ

 今朝の日テレのテレビ番組「ZIP」のチャレンジのコーナーで、鈴木杏樹さんが鉛筆立て8本の記録を作りました。他の方はせいぜい4本でした(時間内に鉛筆をテーブルに何本立てられるかのチャレンジです)。鈴木杏樹さんは最後に両手を合わせて「平常心」と言われていました。
 日常生活において平常心を保てないで、焦ってしまうと思わぬ失敗をしたり、力が発揮できなかったりします。
 人は平常心を保とうと思っても、なかなか保てるものではありません。平常心を保とうとすればするほど、焦ってしまい、なかなかうまくいかないものです。
 私は以前、テニスをしていましたが、サーブを打つまえに必ずボールを3回ついて、心を落ち着けていました。このようなルーティーンの動作も平常心を保つのに役立ちます。
 私なりの平常心の保ち方です。
(1)深呼吸する。
呼吸は心と体をつなぐ役割をしており、息を吐くときに集中し、吸うときに緩和されるといわれています。
(2)目に見えないバリアーを張る。
自分の体のまわりに目に見えない丸いバリアーが張られていることをイメージします。
(3)心の中で胡坐(あぐら)をかく。
体が空中に浮いていおり、胡坐をかいている状態を想像します。
(4)ゆっくりとした動作を心がける。
「太極拳」の動作をイメージします。太極拳は元々は中国の武道でした。一呼吸一動作でゆっくりした動作ができれば、すばやい動作も可能です。それにより動作の速度をコントロールします。 
 平常心が保てれば、日常生活や学業、仕事をうまく進めることができると思います。

それでは、また。

Shyp1SHY0e5ke4i4wyLW2jn9o1_500

基本に還る

 梅雨の時期であるのに不安定な気候の中、みなさん如何お過ごしでしょうか。 
 このブログは2010年12月にスタートし、今年で5年目を迎えました。最初は毎週更新する予定でしたが、途中、更新の無い月もありましたが、とにかく毎月1回は更新して、ブログを続けていこうと思っています。
 私事ながら、ブログを続けていくのはある意味大変な事で、半ば惰性ではありますが、ブログを続けています。
 今回のテーマは「基本に還(かえ)る」です。
 最初、このブログを始めようと思ったきっかけは、私は常日頃からいろいろな事を考えており、メンタルヘルスの面でみなさんのお役に立ちたいと思ったからです。
誰でもあることかと思いますが、私は特に霊感(インスピレーション)が強く、私が考えたことと同じ事を歴史上の偉人が述べていたりします。
 このブログを始めるにあたって、最初に閃(ひらめ)いた「幸せになるこころの法則」は以下でした。
第一法則(幸せは真中にある)
第二法則(絶対は無い)
第三法則(正しくあきらめる) 
第四法則(素直になる)
第五法則(優しくなる) 
第六法則(余裕をつくる) 
第七法則(道を究める) 
 何か事を続けていると、惰性で行ってしまい、初心を忘れて基本がおろそかになることがよくあります。
私も基本に還り、このブログの本来の目的を果たすべく、これからもブログを続けて行こうと思います。

それでは、また。

jWHJ9yZUjacwrvzxMZwyl5Li_500

目に見えない世界について

 今回のテーマは「目に見えない世界について」です。
目に見えない世界というと、まず思い浮かべるのが精神世界です。あとは霊界でしょうか?死後の世界というのもあります。
 健康な心を保つためには、まずは人間の視点で考えることが大切だと、私は思います。
人間の視点で論理的かつ合理的に考える人に医師がいます。
例えば、医師の視点で考えると、人は死んだら意識がなくなり、物事を認識することや考えることができなくなります。私たちが夜、寝ているときに意識がないのと同じ状態です。
医師の視点では、死後の世界は存在しません。
 宗教家の視点で考えると、人間の知能を超越した思考になります。
アメリカの人気SFテレビドラマ「スタートレック」では、高度な宇宙生物と比べると、人間の知能など、アメーバ程度のものだというセリフがありました。
ただ、気をつけなくてはいけないことに、宗教家の中には悪徳な人がいて、目に見えないことを扱っているのをよいことに、人々を騙して、お金を巻き上げる人がいることです。
 この世の中には科学では解明できないことがたくさんあります。科学は人間の知能レベルで考えられることのみ解明できます。人間の知能を超越することは、科学では解明できません。
霊界関係の本には、人は死後7日間ぐらい、まだ意識がその辺をうろついていると書いてあります(初七日)。
私もいくつか不思議な体験をしています。義理の父親が亡くなった日の晩に、私の家のリビングのカーテンが大きく揺れました。このとき、窓は空いておらず、カーテンが風で揺れたわけではありません。
 こころの健康を保つためには人間の視点で考えることはよいことだと思います。でも、人間の知能は限られています。人間の知能の及ばない世界が存在するかもしれないと考えることが、こころのバランスを保つことになると思います。

それでは、また。

OCGxjNrIvdoqumfcS0uCl5jI_500
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ