自分がこの世に生まれたのは、果たして偶然なのか?それとも必然なのか考えたことがあります。結論としては、偶然と考えた方がこころの健康には良さそうです。
 宗教家は、そこに必然性(意義)を見出そうとしますが、医学的に考えると偶然のような気がします。医学は人間の頭で考えられる範囲におさまりますが、宗教では人間の頭で考えられる範囲を超えています。人間の頭で考えられる範囲に抑えておいた方が、私はこころの健康には良いと思うのです。
 運について考えて見ます。例えば、信号運について。今日は信号を渡るとき、常に青信号で信号運がいいなと思うことがあります。これも、必然と考えるよりも偶然と考えた方が、こころの健康には良いと私は思います。
 こころの健康は、一喜一憂せずに不動の状態を作ることだと思います。
ただ、私たちが生活する中で、私たちの身の回りには情報が渦巻いており、常に不安に付きまとわれています。テレビでやっている運勢や占いは、日常生活に刺激を与えて楽しくするためには良いと思います。ギャンブル的なこともスリルを味わえるので、適度にやるならば刺激になって良いと思います。ただし、ギャンブルは依存症になると不幸を招きます。
 最後に宇宙の創造は、偶然なのか必然なのか?ある学者は必然であると論じています。その学者によると、宇宙が創造される前は、物質が無く、意思エネルギーだけが存在していたということです。宇宙が創造された今も、意志エネルギーは存在します。そういう意味では、全てにおいて、偶然ではなく、必然だということになります。
 私たちが生命活動するにおいて、偶然の渦の中で意思エネルギーを使って、必然を作り出していくことができると思います。

 それでは、また。

tumblr_lu2145Wtrf1qfalvko1_500