Mr.ブラボーの幸せになるこころの法則

Mr.ブラボーはこころの幸せについて、いつも考えています。お金や物も大切ですが、Mr.ブラボーは「こころの幸せ」が真の幸せだと考えています。このブログは宗教とは関係ありません。ブログの更新は、毎週水曜日の予定です。 この処方箋がみなさんの心の健康にお役に立てば幸いです。初めてこのブログをお読み下さる方は最初にこちらをお読み下さい。

2014年11月

満足することについて

 人の欲望には限りがありません。でも、欲望を追求しすぎると、身も心も滅ぼしてしまいます。人は他人と自分を比較して、自分の地位や名誉、財産などの位置付けを確認します。それも必要なことだと思いますが、これに過度にこだわると不幸をまねきます。
 私は音楽が好きで、自分で曲を作ったり、聴いたりします。高校時代は軽音楽部のロックバンドでエレキベースを弾いていました。最近ではDAP(ディジタル・オーディオ・プレーヤー)で音楽を聴いています。イヤホンも今まで色々と買い換えています。最近買ったイヤホンはDUNU DN-2000で、ダイナミック型とBA(バランスド・アーマチュア)型のハイブリッド方式です。価格は3万円程です。本当はもう少し高価なイヤホンが欲しかったのですが、自分の収入を考えると、これで精一杯です。コストパフォーマンスを考えると、非常に良いイヤホンです。
 物の値段を考えるとき、私は「相場価格」を参考にします。イヤホンのAKG K3003は、価格が12万円程します。マニアの世界ではオーダーメードのイヤホンで20万円程するものもあります。それよりは安いのですが、相場価格で考えると、12万円でも破格的に高価です。ちなみにAKG K3003はヨーロッパ価格でも同じぐらいで、裕福層向けに作られたイヤホンだそうです。今は一般向けの高級イヤホンの相場価格は2~4万円ぐらいです。
 洋服や靴、女性ではバッグなど、高価だけど欲しいものがあると思います。お金を貯めて、ちょっと良い物を買うのは悪くないと思います。ブランド品はブランド料で価格がかなり高くなりますが、品質の良いものが多く、使っていて長持ちします。持って身につけていて、満足感も得られます。逆に安物を買って、失敗してしまうことがあります。私の娘はネットでブランド物の腕時計を通常価格の半額で買ったのですが、中国製の偽物でした。すぐに壊れて使い物になりませんでした。「安物買いの銭失い」にならないように、気をつける必要があります。
 高級品を身につけるには、それ相応のお金が必要です。丁度良いところで満足できる人は幸せだと思います。

それでは、また。

C815Jv4AMacw57g5SOJAZR5A_500

話上手になる方法

 話をするのが下手で悩んでいる人が多いと思います。
私も以前、話をするのが下手でした。でも、今は普通に話ができると思っています。ここで言う「話」というのは、日常会話ということで話を進めます。
 男性よりも女性の方が、一般に話をするのが上手だと思います。中年の男性よりは、女子高生の方が話が上手だと思います。それは、単に普段からおしゃべりをして話をする訓練をしているからだと思います。
 話下手だった私は、まず「上手に話せる本」を4冊読破することから始めました。結論から言うと、上手に話せるという本でノウハウを学んでも、上手に話せるようにはなりません。考えてみれば、理屈でわかっていても、実践で鍛えなければ話せるようにならないのは当たり前の事です。ノウハウ本には「5W1Hを使って、相手にわかりやすいように話を組み立てましょう」などと書かれていますが、実際の会話では「5W1H」なんてことを考えながら話はしません。話した結果が「昨日さぁ~」とかで、結果的に5W1Hになっていることが多いです。
 私が実践したことは、「会話ノート」を作成することでした。心の調子の良いときには、言葉がたくさん浮かんできます。それを会話形式でノートに書き出しました。書くことで言葉がフレーズとして記憶され、ノートを見なくても言葉がすらすらと出てくるようになりました。これで自分の言葉を使って話ができるようになりました。
 学生時代に、よく友達から「君の話にはオチが無い」と言われていました。別にオチが無くても話は成立しますが、オチがあった方が会話が面白くなります。そのころは、一生懸命にオチを探しながら話をしていましたが、よく考えてみたら、みんなはオチが言いたくて、オチに向かって話を組み立てているんだと、後になって気づきました。
 あと、一番困るのは話題探しです。自分の好きなことや、自分の得意分野を話題にすると、話がうまくいきます。身近なことを話題にすると良いと思います。
 会話はキャッチボールです。話上手な人は、相手の話を遮りません。話の腰を折るのはもっての外です。会話は水の流れのようなものです。水の流れを遮っては、話が滞ってしまいます。
 最後に話題が無いときのとっておきの秘訣を教えます。仕事、旅、職業、気候、仲間、家族、日常の頭の文字をとって「したしきなかに」(親しき中に)と覚えます。
 上手な会話でコミュニケーションして、情報や思ったことをみんなで共有できると良いですね。

それでは、また。

YtZyvI8hadmxmg3dWuJ9ackh_500 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ