Mr.ブラボーの幸せになるこころの法則

Mr.ブラボーはこころの幸せについて、いつも考えています。お金や物も大切ですが、Mr.ブラボーは「こころの幸せ」が真の幸せだと考えています。このブログは宗教とは関係ありません。ブログの更新は、毎週水曜日の予定です。 この処方箋がみなさんの心の健康にお役に立てば幸いです。初めてこのブログをお読み下さる方は最初にこちらをお読み下さい。

2013年07月

依頼と依存について

 朝、起きるときに他人に起こしてもらう人がいます。これは他人に「依存」したことになります。このとき、起こすことを頼まれた人は自分で起きなくてはなりません。起こしてもらう人は、起こす人が自分で起きなければならないということを考えていません。
 他人の手助けを借りずに自分で行動できることを「自立」といいます。中には誰の手も借りずに、すべて自分の力だけで行う人がいます。しかし、自分の力だけで行うには、行動できる範囲が限られてしまいます。
 上手に他人に依頼できる人がいます。依頼するには、相手が快く依頼を受けられるように上手に頼む必要があります。また、他人に頼むには、他人を信用する必要があります。他人を信用できない人は、他人に依頼することができません。
 人には「誰かの役に立ちたい」という気持ちがあります。上手に依頼すると、頼まれた人もやる気が出ますし、人間関係がうまくいき、仕事もはかどります。また、それがコミュニケーションとなり、仕事がうまくまわります。
 私の娘は、他人に上手に頼むことが得意です。一つは他人の気持ちがよくわかること。もう一つは、依頼するにしても、すべてを頼むのではなく、自分でできるところまでとりあえずやってみて、自分ができない、あともう少しのところを手伝ってもらいます。頼まれた方は、そこまでやったんだからと思って、快く依頼を受けられます。
 上手に依頼できると、世の中がスムーズに回ります。

それでは、また。

JHsdN3n1qb7eya5iAubPCJa4_500

真・善・美について

 人が生きていく糧(かて)になるものに、食欲、性欲、金欲の3つがあります。でも、人としてもっと精神面で崇高なものを目指すには、真・善・美があると思います。
「真」とは、何が正しくて、何が間違っているかを追求することで、この世の中のありとあらゆることの真の姿を探求することだと思います。物理学者が素粒子について研究して、宇宙の誕生の仕組みを究明することは、最先端のことかもしれませんが、私はそこまでは求めません。私たちが生きていくうえで、必要最低限の真実がわかればそれでよいと思っています。
「善」とは、人のためになること、他人の手助けをして、世の中をよくすることです。時代や時と場合によって、善の基準が変わって来ることがあります。戦争が起きれば、敵国の兵隊をたくさん殺すことが善になります。でも、ちょっと待ってください。私が求める善とは、不動、不朽の善を意味します。
生命について考えると、生命を維持することが善であり、命を殺すことが悪ということになります。
知能の低い昆虫にしても、本能において生きる方向に行動するように仕組まれています。知能が高度に発達した人間は、他人を殺したり、自殺する方向に行動してしまうことがあります。これは誤った行動です。
「美」については、数年前に「断捨離(だんしゃり)」という仏教用語が流行したことがありましたが、不要なものを捨てて、身も心も軽くして精神的に健康になることが挙げられます。私たちは普段の生活の中で、もったいなくてなかなか物が捨てられずに、不要なものも長期間とっておくことが多々あります。1年間使わなかったものを整理して捨てるなどすることも必要です。美しいものに、音楽、美術等の芸術があります。女性(または男性)の裸も、性を意識すればポルノになり、美を意識すればヌードになります。
 「真・善・美」を追求すれば、普段の生活や精神が、もっと豊かになるのではないでしょうか?

それではまた。

jWHJ9yZUjacwrvzxMZwyl5Li_500
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ