人は大人になるにつれて、複雑なことを考えることができるようになります。
また、いっぺんに複数のことを同時に考えることができるようにもなります。
私は脳の専門家ではありませんが、人は成長するにつれて、「脳波」が複雑になっていくような気がしています。
いろいろな事を体験したり、複数のことを同時に進行させることを余儀なくされることにより、脳は鍛えられていきます。
楽器の練習もそうですが、ピアノも練習するにつれて、右手と左手を別々に動かすことができるようになります。
こんなとき、脳波が複雑になっているような気がしています。
大人になっても、一度に1つのことしかできない人もいます。このような人は脳波が成長せずに、単純なままなんだと思います。
いっぺんに複数の事を考えるにしても、実は人の脳は同時には1つの事しかできなく、時分割をして、ものすごく高速に頭を切り替えて、複数の事を同時にこなしているように、私は思います。
 霊の存在は証明できませんが、霊があるとすれば霊にも振動があると私は思います。霊の振動のことを、私は「霊波」と呼びます。脳波と霊波はものすごく密接な関係にあり、脳波が複雑になるにつれて、霊波も複雑になります。
人は人格が向上するにつれて、この霊波が複雑になり、かつ安定します。
霊波をバランスよく振動させて安定させるには、こころのバランスをとる訓練をする必要があります。
こころのバランスをとるには、すべての物事を丁度よく行い、常に平常心を保つことだと思います。

それでは、また。

0ZEBnoQrc6oma0lzozgwMz6h_500