私たち人間は、しばしば同性を含め、人を好きになります。
子供が最初に出会う異性は、父親や母親です。
小学校の高学年になると、クラスの異性を意識し始めます。
人は、自分に無いものを求める傾向があります。背の高い男性は、背の低い女性を可愛いと思い、背の低い女性は背の高い男性にあこがれます。これは、種族保存の法則にかなったことです。
けれども、どうしても人が好きになれない人もいます。そういう人は、まずは自分のことを好きになることから始めると良いと思います。
恋愛や結婚も現実ではなかなか厳しいのが現状です。昔は、女性があまり社会進出しておらず、結婚する以外に生きるすべが無かったため、女性としては結婚することが当たり前でした。現在では女性も仕事をするようになり、ますます結婚が難しい世の中になっています。
恋愛にしても、好きになった相手が自分を好きになってくれる確率は高くはありません。昔、NHKの連続テレビ小説の「こおろぎ橋」の歌に、「愛が一つ生まれるとき、悲しみは星が降るほど」という歌詞がありました。これは、恋愛の難しさを物語っています。
人を好きになると、相手に自分をよく見せたくなります。これは、自然なことだと思います。
女性は自分をより美しく見せるために、メイクや服装に四苦八苦します。私の好みで恐縮ですが、私は付けまつ毛をして、まつ毛を長く見せている女性に好感が持てません。少しでも目を大きく見せて、きれいになりたいという女性の努力は認めますが、アンケート結果では、世の中の男性の大半は女性の濃いメイクを好まないようです。
ナチュラルメイクで、さりげない美しさ、自然な美しさがいいですね。

それでは、また。

Shyp1SHY0e5ke4i4wyLW2jn9o1_500