大学生時代に、友人とハワイに行ったときのことです。体験で初めてウィンドサーフィンをやったのですが、まずは、浮いているボードに乗ってから、セイルを引き起こさなければなりません。初めてのことなので、最初はなかなかできなかったのですが、ボードをわざと横に揺らして、揺らがせるとバランスがとれて、セイルを引き起こすことができました。
今では、あまりありませんが、砂利道を車で走行する場合、わざとハンドルを小さく左右に振った方が、直進しやすい場合があります。
人はよく、2人の意見が合わないときに、「それじゃあ、真中をとって」と公平になるように真中をとることがありますが、この「真中」というのが、なかなか難しいです。一見、真中に思えるところが、重心がずれていて真中ではなかったりします。ちょうど、端と端の太さの違う割り箸の重心が距離的に真中に無いのと同じです。こういうときは、「真中」をとらずに、潔く、今回は一度相手に譲って、次回は自分の意見を聞いてもらうことにした方が良い場合があります。
お金を稼ぐにしても、健康を保つときも、幸せな生活を営むときも、「バランス」が大切だと思います。

それでは、また。