「ありがとう」という感謝の言葉について書きます。
「ありがとう」という言葉は、人に何かをしてもらったり、何かをもらったりしたときに言う感謝の言葉ですよね。
先日、バスを降りるときに運転手さんに「ありがとうございました」と言って降りる方を見かけました。私はこのような方を時々見かけます。
私ならば、料金を支払ってバスに乗っているのだから、対等な立場または、こちらがお客さんの立場なので、降りるときに運転手さんに「ありがとう」は言いません。でも、会釈ぐらいはします。きっと、「ありがとう」という人は、お金のことを考えずに損得勘定なしに、「乗せていただいてありがとう」という感謝の気持ちを口にしているのだと思います。でも、私はお医者さんには「ありがとうございます」と言ってしまいます。
関東をはじめ、東日本の人は旅行に行ったときなど、アパートの大家さんにお土産を買ってきたりします。関西の人はこれを聞いてびっくりするそうです。きちんと家賃を支払って部屋を借りているのだから、それ以上のお礼は不要というわけです。素直な気持ちで「ありがとう」が言える人は好感が持てるし、人に好かれます。
最近読んだ「引き寄せの法則」の本によると、感謝の気持ちを持つと、宇宙意識(これを「神」と呼ぶ人もいます)とつながることができるそうです。みんなが感謝の気持ちを持ち、「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉に表すと、みんなが宇宙意識とつながり、心のネットワークができます。人の心がつながると、世の中が平和になり、みんなが幸せになれます。

それでは、また。