Mr.ブラボーの幸せになるこころの法則

Mr.ブラボーはこころの幸せについて、いつも考えています。お金や物も大切ですが、Mr.ブラボーは「こころの幸せ」が真の幸せだと考えています。このブログは宗教とは関係ありません。ブログの更新は、毎週水曜日の予定です。 この処方箋がみなさんの心の健康にお役に立てば幸いです。初めてこのブログをお読み下さる方は最初にこちらをお読み下さい。

目に見えない世界について

 今回のテーマは「目に見えない世界について」です。
目に見えない世界というと、まず思い浮かべるのが精神世界です。あとは霊界でしょうか?死後の世界というのもあります。
 健康な心を保つためには、まずは人間の視点で考えることが大切だと、私は思います。
人間の視点で論理的かつ合理的に考える人に医師がいます。
例えば、医師の視点で考えると、人は死んだら意識がなくなり、物事を認識することや考えることができなくなります。私たちが夜、寝ているときに意識がないのと同じ状態です。
医師の視点では、死後の世界は存在しません。
 宗教家の視点で考えると、人間の知能を超越した思考になります。
アメリカの人気SFテレビドラマ「スタートレック」では、高度な宇宙生物と比べると、人間の知能など、アメーバ程度のものだというセリフがありました。
ただ、気をつけなくてはいけないことに、宗教家の中には悪徳な人がいて、目に見えないことを扱っているのをよいことに、人々を騙して、お金を巻き上げる人がいることです。
 この世の中には科学では解明できないことがたくさんあります。科学は人間の知能レベルで考えられることのみ解明できます。人間の知能を超越することは、科学では解明できません。
霊界関係の本には、人は死後7日間ぐらい、まだ意識がその辺をうろついていると書いてあります(初七日)。
私もいくつか不思議な体験をしています。義理の父親が亡くなった日の晩に、私の家のリビングのカーテンが大きく揺れました。このとき、窓は空いておらず、カーテンが風で揺れたわけではありません。
 こころの健康を保つためには人間の視点で考えることはよいことだと思います。でも、人間の知能は限られています。人間の知能の及ばない世界が存在するかもしれないと考えることが、こころのバランスを保つことになると思います。

それでは、また。

OCGxjNrIvdoqumfcS0uCl5jI_500

自分を律することについて

 みなさんは、朝、一人で起きられるでしょうか?一人暮らしの方は、自分しか頼る人がいないので、目覚まし時計を使って、一人で起きているのだと思います。
私は小学生の頃から親に起こされずに、目覚まし時計を使って、自分で起きていました。また、それが習慣化されると、目覚ましが鳴る前にひとりでに目が覚めたりします。
私の2人の娘たちはどうかと言えば、目覚まし時計が鳴っても、目が覚めません。毎朝、何度も母親に起こされて、やっと起きる状態です。これも、もって生まれた性質なのでしょうか?
 自分で起きられる人も、休日の朝、二度寝をしてしまったりして、時間を無駄に過ごしてしまうことがあります。これも、一度や二度ならまだしも、毎回となると問題があるように思います。
(まあ、休日の過ごし方は人それぞれ、自由ですが。)
 「自分を律すること」とは、自分を戒めることです。一見、辛いことのようにも思えますが、逆にだらけてしまうと、後になって後悔する事の方が多いように思います。
 ここで、私が言いたいことは、自分に厳しくし過ぎても、うまく行かないということです。逆にだらけ過ぎるのも駄目です。私は幼い頃から、かなり厳しい教育を受けて育ちました。それはそれで良かったと思います。ただし、これも限度を過ぎるとうまく行かなくなります。
諺(ことわざ)にもありますが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。
 自分を律しすぎると、選択する道が狭くなります。多少、選択肢に余裕を持たせた方が、良い案が出たりします。私の経験からすると、多少、流れに任せた方が、事がうまく進むことがあります。また、物事に「絶対」はありません。現実生活においては、物事が理想どおり進まなかったり、思わぬ障害が発生して、予定通り事が進まないこともあります。
 ちょうど良く、自分を律して、それを良い習慣にすれば、事がうまく運ぶと思います。

それでは、また。

1452092628782

夢を追い続けること

 私たちが現実で生きて行く中で、夢(昼間見る夢です)を見ることは、こころのエネルギーを増幅したり、蓄積する上で大切なことだと思います。
 先日、映画「あやしい彼女」を観て、感動してちょっと涙ぐんでしまいました。映画を観ることは、擬似的に夢を見ることだと思います。
 私は高校時代、コンピューターエンジニアになるのが夢でした。その夢はかないました。また、私は音楽が好きで、高校時代は軽音楽部に所属して、バンドでエレキベースを弾いていました。社会人になってからは、趣味でトランペット演奏や、自作曲をボーカロイドを使ってDTMでCDを作成するようになりました。
 昨日、川崎市で路上ライブをやっていた駆け出しのシンガーソングライター(女性)の方と話をしました。彼女は母子家庭で育ち、最初は介護師をしていたのですが、夢を実現すべく、音楽の道一本でやっていく決意をしたそうです。
夢を追い続けることは素晴らしいことだと思います。
 私はいつも、夢を考えるときは、現実のことも考えてしまいます。
現実で生活するためには、収入が必要です。夢に描いたことが、そのまま収入に結びつけば、そんな幸せなことはありません。
特に、音楽で収入を得ることは、並大抵のことではありません。音楽で収入面でも成功をおさめるのは、ほんの一握りの人達です。
 音楽は人のこころを幸せにします。でも、音楽にお金を支払う人はあまり多くはないと思います。お金に多少余裕があって、音楽が好きで、素晴らしい音楽を聴くためにお金を支払う人はいると思います。
 夢を職業にするか趣味にとどめるかは、その人の思い入れのありように思います。
アルバイトをしながら劇団、バンド、シンガーソングライター、絵画などのアーティストなどの活動をしている人達がいます。
私はある意味、その人達がうらやましいです。若いときは、エネルギーも時間もあります。やり直しもできます。
 音楽のプロの方が、本当に音楽を楽しみたいのなら、プロにならずにアマチュアで楽しみなさいと言われていました。プロというのはお金を稼ぐことだということです。ときには、自分のやりたくない音楽でも、収入を考えて演奏しなければならないということです。
稀に「The アルフィー」のように、自分たちのやりたい音楽だけをやって成功したミュージシャンも中にはいます。
 現実のことも考えてしまう私は、「腰が引けている」と言われそうですが、ここにも夢と現実のバランスは必要だと思います。

それでは、また。

SBao5h5sWabz29ipg1tMHIc7_500
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ