Mr.ブラボーの幸せになるこころの法則

Mr.ブラボーはこころの幸せについて、いつも考えています。お金や物も大切ですが、Mr.ブラボーは「こころの幸せ」が真の幸せだと考えています。このブログは宗教とは関係ありません。ブログの更新は、毎週水曜日の予定です。 この処方箋がみなさんの心の健康にお役に立てば幸いです。初めてこのブログをお読み下さる方は最初にこちらをお読み下さい。

自分の役割を演じる

 日常生活や仕事、学業の中で人々はそれぞれ自分の役割を演じています。
「演じるている」というのは少々オーバーかもしれませんが、人は自然にふるまっているつもりでも、ある程度それぞれの立場で思考や行動が制限されます。
 結婚して父親や母親になると、自分のことばかり考えることは許されず、子供や家族のことを考えて行動するようになります。「父親らしい人」や「母親らしい人」がいますが、私個人のことを考えると「父親らしい」とは言えないかもしれません。
私は少々幼稚なのかもしれませんが、子供には父親を演じて接するのではなく、ありのままの自分で接してしまいます。
もちろん、子供が間違ったことをしたときには嗜(たしな)めますが、頭ごなしに叱ることはしません。
 日常生活がマンネリになり、心のエネルギーが足りなくなったときは、自分が人生ドラマの主人公になったつもりで生活すると、心が元気になったりします。
 自分が尊敬する人など、他人になったつもりになることを、私は「プリテンド」と呼んでいます。例えば、英語やフランス語などの外国語を学ぶとき、自分がその国の人になったつもりになり、「プリテンド」を使うと上達効果が大きいことがわかっています。
 「プリテンド」を使って、まずは形から入り、徐々にそれを自分に重ね合わせていくと、人はこころが成長できるのかもしれません。

それでは、また。

tumblr_luci3h1tBV1qzvo1wo1_500

基本に還る

 梅雨の時期であるのに不安定な気候の中、みなさん如何お過ごしでしょうか。 
 このブログは2010年12月にスタートし、今年で5年目を迎えました。最初は毎週更新する予定でしたが、途中、更新の無い月もありましたが、とにかく毎月1回は更新して、ブログを続けていこうと思っています。
 私事ながら、ブログを続けていくのはある意味大変な事で、半ば惰性ではありますが、ブログを続けています。
 今回のテーマは「基本に還(かえ)る」です。
 最初、このブログを始めようと思ったきっかけは、私は常日頃からいろいろな事を考えており、メンタルヘルスの面でみなさんのお役に立ちたいと思ったからです。
誰でもあることかと思いますが、私は特に霊感(インスピレーション)が強く、私が考えたことと同じ事を歴史上の偉人が述べていたりします。
 このブログを始めるにあたって、最初に閃(ひらめ)いた「幸せになるこころの法則」は以下でした。
第一法則(幸せは真中にある)
第二法則(絶対は無い)
第三法則(正しくあきらめる) 
第四法則(素直になる)
第五法則(優しくなる) 
第六法則(余裕をつくる) 
第七法則(道を究める) 
 何か事を続けていると、惰性で行ってしまい、初心を忘れて基本がおろそかになることがよくあります。
私も基本に還り、このブログの本来の目的を果たすべく、これからもブログを続けて行こうと思います。

それでは、また。

jWHJ9yZUjacwrvzxMZwyl5Li_500

目に見えない世界について

 今回のテーマは「目に見えない世界について」です。
目に見えない世界というと、まず思い浮かべるのが精神世界です。あとは霊界でしょうか?死後の世界というのもあります。
 健康な心を保つためには、まずは人間の視点で考えることが大切だと、私は思います。
人間の視点で論理的かつ合理的に考える人に医師がいます。
例えば、医師の視点で考えると、人は死んだら意識がなくなり、物事を認識することや考えることができなくなります。私たちが夜、寝ているときに意識がないのと同じ状態です。
医師の視点では、死後の世界は存在しません。
 宗教家の視点で考えると、人間の知能を超越した思考になります。
アメリカの人気SFテレビドラマ「スタートレック」では、高度な宇宙生物と比べると、人間の知能など、アメーバ程度のものだというセリフがありました。
ただ、気をつけなくてはいけないことに、宗教家の中には悪徳な人がいて、目に見えないことを扱っているのをよいことに、人々を騙して、お金を巻き上げる人がいることです。
 この世の中には科学では解明できないことがたくさんあります。科学は人間の知能レベルで考えられることのみ解明できます。人間の知能を超越することは、科学では解明できません。
霊界関係の本には、人は死後7日間ぐらい、まだ意識がその辺をうろついていると書いてあります(初七日)。
私もいくつか不思議な体験をしています。義理の父親が亡くなった日の晩に、私の家のリビングのカーテンが大きく揺れました。このとき、窓は空いておらず、カーテンが風で揺れたわけではありません。
 こころの健康を保つためには人間の視点で考えることはよいことだと思います。でも、人間の知能は限られています。人間の知能の及ばない世界が存在するかもしれないと考えることが、こころのバランスを保つことになると思います。

それでは、また。

OCGxjNrIvdoqumfcS0uCl5jI_500
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ