Mr.ブラボーの幸せになるこころの法則

Mr.ブラボーはこころの幸せについて、いつも考えています。お金や物も大切ですが、Mr.ブラボーは「こころの幸せ」が真の幸せだと考えています。このブログは宗教とは関係ありません。ブログの更新は、毎週水曜日の予定です。 この処方箋がみなさんの心の健康にお役に立てば幸いです。初めてこのブログをお読み下さる方は最初にこちらをお読み下さい。

印象について

 あるセミナーで、人は他人を評価するときは、事実ではなく印象で評価していると教わりました。印象には良い印象と悪い印象があります。
 過去にテレビのCMでわざと「悪い印象」を与えて効果を得るものがありました。この場合、このCMを見た人は嫌な気分になりますが、強い印象を与えるという意味では効果的なのかもしれません。
 人は他人に良い印象を与える人は他人に好かれ、悪い印象を与える人は他人に嫌われる傾向があります。良い印象は良い気分を「与えて」くれますし、悪い印象は良い気分を「奪い」ます。人は与えてくれる人に好意を持ちます。
 先日、私は仕事で次の人の休憩の交替時間を5分早く交替してあげました。たった5分早くしただけで、次の人は「得した気分になった」と大変喜んでいました。
 人には感情があります。人は論理だけでなく、感情で動く部分があります。
仕事で書類等を提出するとき、他人よりも少しだけ早く提出すると、その人は「仕事が早い」という印象を受けます。これはある意味テクニックになりますが、良い印象を与え続けると、良い評価が受けられます。
 別に焦(あせ)って行動することはありませんが、良い印象を与え続けると、良い評価が自分に返ってきます。
これは自分が得をする賢い生き方なのかもしれません。

それでは、また

content_201602041456

損得を考えることについて

 日常生活で私たちはいろいろな選択をして過ごしています。
普通の人たちにおいて、その選択の基準となるのは「損得」だと思います。何か他人にあげるならば「損」、他人から貰(もら)うならば「得」です。
日本の社会においては、何か品物を貰ったならば、お返しをするという習慣があります。これで損得無しになり、調和が保たれます。
 私が思うには、何か事を成す為には、損得勘定抜きで行動しなければ、事が進まない事が多々あると思います。損得勘定をしていては、損得の狭い範囲から抜け出せません。もちろん、自分の労力(労働力)を無償で差し出せば、それは「損」になります。
 学校で生徒会活動をしている学生たちがいます。私たちの時代には、生徒会活動は、自分たちの学校の政治は自分たちで行うという、責任感においてやっていたような気がします。今では、生徒会活動をやっていると、進学に有利になるからという理由でやっている人もいます。なんだか悲しいですね。
 商売を自営でやっている人たちの中には、もちろんお金儲けは大切ですが、それよりもお客さんに喜んでもらうことが自分の喜びになる人たちがいます。これはもう、損得勘定抜きの世界です。
 人には世の中のため、他人の役に立ちたいという願望があります。これは仏教の言葉では「仏性(ぶっしょう)」と言います。もともと人に備わっている感情です。
「仏性を満足させる」と言えば、安っぽく聞こえますが、損得勘定の狭い範囲から抜け出して、より高い次元を目指すことも大切なのではないでしょうか。

それでは、また

Mtfuji-50

いい加減と良い加減

 「いい加減」と「良い加減」は言葉は似ていますが、全く違う言葉ですね。
「いい加減」はどうでもよい投げやりな態度を表わしますし、「良い加減」は程よく、適度な程度を表わします。でも、この2つの言葉には共通する点があります。
 物事を適度に行う場合、良い意味で「いい加減さ」が必要だと思います。でも、気を付けることは、全てをいい加減に行うのでははなく、ポイントを押さえて、そこはしっかりやった上で、あまり重要ではないところを「いい加減」にすることです。
 私は中学時代の部活でバスケットボールをやっていましたが、その時のコーチが、「ディフェンス(防御)では『頑張りどころ』をしっかりやりなさい」と言われていました。ボールが遠くにあるときは、あまり頑張る必要が無く、今、ボールが目の前にあるときには、集中力と体力の全てを注いでプレイしなさいということです。
 人の精神力と体力には限りがあります。それをいつもフル活動させていたら身が持ちません。そういうときには、「ここぞ」というときには100%力を使いますが、あまり重要ではないことには力を使いません。普段は80%の力で行い、気力と体力を温存します。
 剣道でも竹刀(しない)を握るときには、ぎゅっと力を込めて握るのではなく、力を抜いて握ります。握りに力を込めるのは、相手を打つときです。
 何事をするにも、最初は力加減が分からず、いらないところに力を入れてしまいます。ベテランになるにつれて、だんだん力加減が分かってきて、不要なところに力を入れなくなります。
 私は趣味でトランペットを吹きますが、初心者の頃は、力任せに吹いて、1曲吹くといつもバテバテでした。上達するにつれて、力加減が分かってきて、楽に吹くことができるようになりました。
 「いい加減」と「良い加減」、ベテランは不要なところは「いい加減」なのかもしれません。

それでは、また。

12920502_500

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ